10月お稽古 継承された武家文化「小笠原流弓術」

「小笠原流」は、弓術・弓馬術・礼法などの武家社会の作法全般の流派です。
武家である小笠原家は1187年、祖である小笠原長清が源頼朝に糾方(弓術と弓馬術、礼法を意味する)の指南役を命じられ、江戸時代まで代々の将軍家の師範役を務め、今日に至るまで一子相伝で伝統を脈々と受けついでこられました。

今回の講座は小笠原流弓馬術礼法宗家ご嫡男である 小笠原清基先生をお迎えし、武士とは何か、「小笠原家」の由緒、歴史、作法などについてお話を伺った後、小笠原教場にて弓道の実技体験を行います。弓馬術礼法小笠原流について様々な視点からトータルに学ぶ事ができる贅沢な講座をどうぞお見逃しなく。

20604656_1380119125438389_1528202498887056053_n


<ご案内>

【日  程】 10月29日(日)13時〜15時

【会  場】 小笠原教場
東京都世田谷区南烏山1-8-8
アクセス:京王線「芦花公園」より徒歩10分

【参 加 費】
会員・初回ビジター:3000円
二回目以降のビジター:4000円

*事前お振込制とさせていただいております。

 

<内容>

・小笠原流弓馬術礼法「弓道・礼法」体験
講師:小笠原清基

※トライアル参加し、ご参加当日に10枚綴り回数券をお申し込みいただきますと、
入会金5,000円を免除いたします。

※お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top