6月お稽古 文人達の風雅の交流「煎茶道」

来客があるとき、大切な話があるとき、ほっと一息つきたいとき、そこには不思議とお茶(日本茶)がありました。日本茶にはあらゆる日本文化が詰まっていて、心の渇きを潤す力がたくさん秘められています。昔の人は日本茶を飲みながらどんなことを感じ取ったのでしょう。

茶道といわれるものには大きく分けて抹茶道、煎茶道があります。武家の間で広まった抹茶のお点前は、私たちが生活する家とは一線をおいた「茶室」で行います。
一方、煎茶は書家や詩人といった文人が応接間へ人を呼び、皆で集まって風雅の交換、交流を楽しむ際に親交を深めるものとして広まっていきました。

今回の和gaku庵は、煎茶道の魅力にせまります。京都に本部を置く東仙流家元代理の嫡女湯浅宗円さんを講師に向かえ、美しい所作で日本茶を美味しく淹れ、お客様をもてなす煎茶道のお手前を皆様にご覧いただきます。日常の喧騒を忘れ、日本茶を通して日本文化の美を再発見するひと時を皆様と共有できれば幸いです。


<ご案内>

【日  程】
6月10日(日)
第一席 10:30-13:00 (ランチ12時から)
第二席 13:00-15:30 (ランチ13時から)

【会  場】
割烹かねこ Cafe 縁 yosuga
http://www.kappou-kaneko.com/cafe_yosuga.php
〒113-0023 東京都文京区向丘2-12-2
TEL:03-3821-1008
アクセス:東京メトロ南北線東大前駅 徒歩4分

【参 加 費】 会員:6000円  ビジター:7000円

*事前お振込制とさせていただいております。

 

<内容>

* 煎茶道、東仙流のおはなし
* 煎茶道体験
* 講師を囲んでランチ

講師:湯浅宗円

※トライアル参加し、ご参加当日に10枚綴り回数券をお申し込みいただきますと、
入会金5,000円を免除いたします。

※お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top