9月御稽古 神秘の音色「小鼓」

「ポン、ポポン!」心地よい小鼓の音色は、和の音の代表です。
小鼓は、能楽の舞台で歌舞する人物(シテ方)の後方で音楽を奏でる楽器のひとつ。
小鼓のほかに、笛、大鼓、太鼓の4種が囃子方と言われ、さらに謡を含めて能の音楽を構成しています。
雛壇の「5人囃子」の姿を思い浮かべる人も多いでしょうか。「ヨーッ!」という掛け声に、
絶妙の間と掛け合いで演奏される囃子のリズムで舞台の拍子をとり、
その音色で舞台の情景を彩る存在です。

和の音としては、日本人なら誰しも聞いたことがある小鼓の音色ですが、
実際に手にとってみたことがある方は少ないかもしれません。
今回の和gaku庵では、そんな貴重な機会をご提供できればと思っています。

是非、この機会をお見逃しなく。皆様のご参加をお待ちしております。

20130807-5d1t7181


<ご案内>

【日  程】 9月21日(水)19:00-20:30

【会  場】 那胡の会
〒110-0012 東京都新宿区愛住町21関口ビル 愛住M1F
℡ 090-4609-0021
アクセス:東京メトロ「四谷三丁目」より徒歩5分小劇場 伝統芸能情報館3階

【参 加 費】
会員・初回ビジター:3000円
二回目以降のビジター:4000円

*事前お振込制とさせていただいております。

 

<内容>

・小鼓のお話と演奏
・体験ワークショップ
講師:大山 容子

※トライアル参加し、ご参加当日に10枚綴り回数券をお申し込みいただきますと、
入会金5,000円を免除いたします。

※お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top