3月御稽古 歌舞伎の音「附け打ち」

バタバタバタ、パタパタ、バッタリ、パタリという音で芝居を分りやすく、そして面白く演出する歌舞伎の「附け(つけ)」。
江戸の芝居町の情緒を今に残す附けの音色は、歌舞伎の”音”そのものです。現代の歌舞伎劇場でも、舞台と客席とをつなぐその役割は同じ。ピンと張り詰めた一瞬の間合いとその空気感。舞台と一体感を感じさせる附けの音は、歌舞伎独特の演出効果となっています。

今も生き続ける歌舞伎の音「附け」を切り口に、歌舞伎の新しい楽しみ方を発見してみませんか?

講師には、内外の歌舞伎公演で大活躍中の附け打ち 山崎徹さんをお迎えいたします。
是非、この機会をお見逃しなく。皆様のご参加をお待ちしております。

tsuke


<ご案内>

【日  程】 3月15日(水)19:00-20:30

【会  場】 那胡の会
〒110-0012 東京都新宿区愛住町21関口ビル 愛住M1F
℡ 090-4609-0021
アクセス:東京メトロ「四谷三丁目」より徒歩5分

【参 加 費】
会員・初回ビジター:3000円
二回目以降のビジター:4000円

*事前お振込制とさせていただいております。

 

<内容>

・附け打ちとは何か
・実演から学ぶ「附け」の役割
・附け打ち体験
講師:山崎 徹

※トライアル参加し、ご参加当日に10枚綴り回数券をお申し込みいただきますと、
入会金5,000円を免除いたします。

※お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top