11月 唄う楽器「篠笛」語る楽器「能管」

IMG_1780

今回は横笛のレクチャーです。

講師は福原流笛方の福原寛先生。歌舞伎や日本舞踊などの古典はもちろん独自の演奏活動や他ジャンルとのコラボなど多方面でご活躍の御方です。

本日のメニューは篠笛と能管のレクチャーと演奏。
篠笛は歌舞伎や日舞ではもちろん、お祭りのお囃子や映画・テレビの時代劇にもよく使われていますので、日本で生まれ育った方ならどなたでも音色を聴いたことがあるお馴染みの楽器だと思います。

オープニング、福原寛先生が笛がたくさん入った布袋を携えて爽やかにご登場!

P1040929

P1040918

大量の笛です。レクチャーで紹介するためにいろいろな種類の笛をお持ちになったのかな?と思っていたら、常時これだけの笛を持ち歩かれているとのこと。能管1本を除き全て篠笛です。長さや太さが少しずつ異なるものが幾本も。なぜ何本もの笛が必要となるのか?寛先生がその秘密を明かされます。

篠笛は基本的に唄や三味線と合奏する楽器です。音の調子は立唄や立三味線と呼ばれる主奏者に合わせます(多くの場合、立唄のキーに合わせます)。西洋音楽のオーケストラなどでは絶対音でチューニングしますが、邦楽には洋楽のような絶対音が無くて、基準となる音を自分で決めることになります。その人自身の声の高低やその時の体調・気持ちなどによっても基音は変わります。三味線は糸巻きを回して調弦することができますが、笛の場合は機構的に調律する仕組みを持たないため、少しずつ調子の異なる笛を何本も準備し選んで使うというわけです。そのためにたくさんの笛が必要となるのですね!そのほか息を吹き込む角度などで調子を変えたりもするそうです。微妙な音程の変化に対応できるのですね。

さてそれではなぜ能管は一本のみなのでしょう。それは能管というのは基本的に他の奏者に合わせてメロディを吹く楽器ではないからです。能管は元々能で使われる笛です。能の舞台を観ているとわかりますが、能には三味線のようにメロディを奏でる楽器が出てきません。シテやワキの謡には音階があり他の邦楽と同様に基音は役者自身が決めます。しかし笛はその音に合わせるということをしていません。能では個々の楽器がかなり主張の強い演奏をします。決して謡の伴奏ではないのです。楽器自体が役者と同じく情景や心象を描写する役割を担っていると言えます。そんなわけで他と音の調子を合わせる必要がないので一本で足りるのですね~。

P1040957

そういった笛の特徴を寛先生は「唄う楽器・篠笛、語る楽器・能管」と表現されました。特徴の違いを見事にひとことで言い表していますよね!

福原寛先生の笛の演奏はどの曲もそれはもう素晴らしいものでした。

篠笛の曲は愁いを帯びた音色、馴染み深く情緒的な日本の昔のメロディで、懐かしさと切なさが伝わってくる、そんな優しい演奏でした。昔の大河ドラマ「樅の木は残った」で使われた「京の夜」という曲では、主役の平幹二朗さんが物思いにふけりながら笛を吹く姿が思い浮かぶようでした。

P1040912

 それに対して能管の曲はかなりハードな感じです。音もかなり大きい。小さな会場だったので初めて能管を聴いたお客さんは「うるさい」と思ったかも?(笑)。私もこんなに近くで聴けることはめったにないので、その大迫力に圧倒されました。しかしその一方で、私には寛先生の能管は(能楽師の演奏と比べて)かなりメロディアスに聞こえました。能管で正確に音程を取るのは笛の構造上難しいことなので、技術的にもかなりレベルが高いことは間違いありません。

P1040939

笛の楽譜のお話。昔は特に楽譜はなく、師匠の演奏を真似たり口伝により教えられたことを、覚え書きとして書き留める人がいて、それらが次第に整理されて今の楽譜の形になったそうです。笛の楽譜では音程は数字で表されています。簡単に言うと開いている穴の数で表すそうな。楽譜の実演として「とおふ屋さん」「さくらさくら」「子もり歌」を演奏。例えば、とおふ屋さんなら、五ーー六ーーーー、五ーー六ーー五六(とーーふーーーー、とーーふーーとふ)みたいな感じです。これなら小学生にもすぐ理解できますね。しかし最近の若い人には豆腐屋や竿竹売りの音を実演しても通じないことが多くなってきたとか…。

歌舞伎における囃子方のお話。昔、囃子方は担当が分かれておらず、誰もが笛・鼓など種類を問わず何でも演奏していたのだそうです。ところが寛先生のお師匠様、今は亡き四代目 寶山左衛門(たから さんざえもん =六代目 福原百之助)先生が、あまりに笛の演奏が素晴らしかったために、笛ならこの方と次々とオファーがかかり、次第に笛専門になっていったのだそうです。その流れが現在に続くことになり、笛方以外の人はいまだにいろいろな楽器をやるけれども(鼓・太鼓、銅鑼や釣鐘などの打楽器、三味線以外の弦楽器、篠笛と能管を除く笛の類いに至るまで)、笛方だけは篠笛と能管しかやらなくなったのだそうです。

また寶山左衛門先生は笛の独奏のパイオニアでもありました。それまで笛は必ず唄や三味線と合奏されるものでした。その慣習から飛び出し、独奏用の曲を次々と作って演奏され、笛の独奏の世界を切り開いて行かれました。これは実に偉大な功績です。寛先生が作曲され能管で演奏された「宵月」という曲はお師匠様のスピリットを受け継がれた一曲でありました。メロディアスな能管の曲はこうして生まれたのですね。

日本人には雑音と思われるような音を好む傾向がある。雑味や障りをあえて楽しんでしまうところが日本人の感性であり、そのため邦楽は雑味や障りをわざと取り入れるような工夫をして続いてきている、というお話はたいへん印象深く共感いたしました。
お能を観始めた頃、謡と笛や鼓の音が被っているのがとても聞きづらく感じたけど、今ではそこに瞬間的あるいは総合的な調和を感じるようになり、かえって心地良いと思えることがあります。これも先生の仰ることと通じるような気がいたします。

P1040960

レクチャーの後には懇親会が催され、そこでも興味深いお話をたくさん聴かせていただきました。笛の道を志したきっかけやプロとして舞台に立つための修行、お師匠様のご指導話、使われている笛の製作秘話、中村勘三郎さんとの思い出話などなど。お話は楽しく尽きず、謙虚で気さくなお人柄にファンになられた方もちらほら。

皆様も寛先生の公演に伺って、心の琴線に触れる篠笛の音色に酔いしれてみてはいかがでしょうか?

1029寛先生の会3@

《演奏曲目》
篠笛「月」(六代目 福原百之助 作曲)
能管「三番叟」座付笛
篠笛「京の夜」(六代目 福原百之助 作曲)
能管「宵月」(福原寛 作曲)
篠笛「三井の晩鐘」そよ風、母と子、一人ぼっち(六代目 福原百之助 作曲)
能管「狂い(獅子)」

 

「ちゅりぞうのなめこブログ」より一部編集して転載させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top