近藤 真理子(藤浪小道具株式会社)

1977年、東京生まれ
学習院大学文学部哲学科卒(日本美術史専攻)
藤浪小道具株式会社、演劇部演劇課課長

中学3年の時初めて歌舞伎を観劇しその魅力を知り、 大学では学生による歌舞伎の実演を行う「国劇部」に所属。
奥深さを改めて実感し、その伝統を受け継いでゆける仕事を希望するようになる。
2000年、卒業と同時に、藤浪小道具株式会社にアルバイトとして入社。
歌舞伎をはじめ様々な商業演劇の裏方として経験を積み、2003年、専門スタッフ、2012年、正社員。
現在は市川海老蔵の舞台を中心に多くの歌舞伎公演をチーフとして担当している。
また今後は、伝統芸能の中で後継者が絶えかかっている技術や物、いわば「絶滅危惧小道具」を次代に繋げてゆくべく、活動を広げてゆく予定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top