海老澤 藍(国際侍協会 代表) 

先祖代々武士の家系により、末裔は必ず武道を嗜むことを家訓とし、
幼少の頃より薙刀の手ほどきを父より受ける。
後に古流薙刀、一心流薙刀術を別の師より受け継ぎ、その存続につなげるべく修練する傍ら、そこから学んだ侍の生き方を、現代の人々が活かし豊かになれる知恵をワークショップなどで開催。
時代を超えた生きることの豊かさを「武士」を通して人々に教えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Top